マッチングアプリ

マッチングアプリは田舎民こそ使え!おすすめ2選【地方で出会うマル秘テク】

一般人の女性
一般人の女性
田舎って、全然出会いがないんだよね。
もうマッチングアプリぐらいしか思いつかないけど、実際どうなんだろ?

意味なかったらなんか嫌だしな~。
地方で使うのにおすすめのアプリってあるのかな?

↑こんな疑問に、のどかな田舎町、新潟でもマッチングアプリを使って彼女ができた私がお答えします。

お前誰やねん!って方はこちらをどうぞ↓

運営者・ブログについて

 

自己紹介がてら、私が生まれ育った町のグーグルアースで撮影した写真を見てください↓

新潟の田舎道

 

さすが米どころ新潟!って感じですよね(笑)。

こんなコンビニも近くにない地方で、私は育ちました。

こんなド田舎でも、女性がマッチングアプリを使う価値はめちゃくちゃあります。

寺井
寺井
男のお前がなんやねん!と思うかもですが、女性は無料で使えるので、もっとおすすめなんです。

 

地方に住む田舎民こそアプリを使うべき理由やその活用方法について、私の経験を基に紹介していきます。

この記事でわかること

・田舎の人こそマッチングアプリを使って欲しい理由

・田舎でも出会えるおすすめマッチングアプリ

・マル秘テクニック!田舎民が賢く出会うコツ

最後まで読んで、あなたも田舎で幸せな出会いをゲットしてください。

 

寺井
寺井
先が気になる方に。

田舎で使うのにおすすめのアプリ2つをざっくりと紹介します↓

地方や田舎でも出会えるマッチングアプリ

「とにかく出会いの数を増やしたい!」「まずは恋愛から!」

ペアーズ

「安全性が高いアプリがいい!」、「真面目なお付き合いがしたい!

Omiai

田舎の人こそマッチングアプリをおすすめする理由

おすすめのアプリや攻略法を紹介する前に。

まずは、あなたが持つ偏見・誤解を解くところからスタートしたいと思います。

 

マッチングアプリ=都会の若い男女が使うもの

マッチングアプリ=田舎では意味がない

というイメージを持つ方はたくさんいるはず。

 

気持ちはわかります。

その考えはある意味正解で、都会の人と同じように使っても、必ず彼氏ができるとは言えません。

ただ、私が地方に住んでいても彼女ができたように。

マッチングアプリを使えば、田舎でも地方でも関係なく、誰でも出会いのチャンスがゲットできます。

 

地方に住む田舎民にこそマッチングアプリをおすすめする理由を、

①田舎の人が抱える恋愛の問題点

②問題を解決する方法

③田舎でこそマッチングアプリがおすすめな理由

この順番で説明していきます。

①田舎で出会いを探す問題点

 

地方に住んでいる田舎の女性が抱えている問題として、

  • 若者が少ない
  • 出会いの場がない
  • コミュニティが少ない
  • さっさと結婚しちゃう

が挙げられます。

ここら辺は痛いくらい自覚していると思うので、詳しい説明は省略します。

でも、あなたが抱えている問題は、実はこれだけじゃありません。

意外?田舎は恋愛の倍率が高い

 

田舎と都会で比較してみると、別の問題も見えてきます。

田舎の恋愛事情

【田舎⇔都会】

・出会いの場が少ない⇔出会いの場が多い

・若者が少ない⇔若者が多い

・出会いに敏感⇔出会いに鈍感

こんな感じですよね。

ここから言えることはなんでしょうか。

都会は出会いで溢れ、鈍感でも恋愛はできる

 

都会は一言で言えば、

「出会いの場が多く、若者の数も多い。そのため出会いのチャンスがたくさんあり、出会いに鈍感である」

と言えます。

都会に住んでいれば、若者が多いので一人の男に対する倍率は低いです。

極端に言えば、「この人がダメでも、じゃあ次!」とすぐに切り替えられます。

出会いの場もたくさんあるので、なんとなく過ごしていても、出会いに恵まれます。

「カフェで過ごしているだけで、店員からナンパされた」なんてことがザラにあるわけです。

というわけなので、

都会は恋愛に対する意識が高い人とそうでない人で差がつきにくく、恋愛の倍率が低い

と言えます。

田舎は出会いが少なく、差がつきやすい

 

逆に田舎はどうでしょう。

「出会いの場が少なく、若者の数も少ない。その分少ないチャンスをものにしようと、出会いに敏感な人が多い」

と言えそうです。

若者の数が少ないので、タイプの男と出会ってもライバルが多く、倍率が高いです。

出会いの場も限られているので、出会いのチャンスがそもそも少ないですよね。

ここからわかるのは

田舎は恋愛の倍率高く、その分貪欲な人と関心がない人で差がつきやすい

ということです。

②田舎での恋愛問題を解決する方法

 

恋愛の倍率が高く、貪欲でなければ出会いに恵まれない。

田舎住み女性が恋愛をするにはどうしたらいいでしょうか。

  • 街コン
  • 相席居酒屋
  • クラブ

などに行けば、まだ出会いの可能性はあります。

 

でも、いきなりその場に飛び込め!というのもハードルが高いですよね。

私も勇気を出して相席居酒屋に行ってみたことがありますが、コミュ症なのでうまくしゃべれませんでした。

なにより、友達がモテていることが悔しく、「もう二度と来ねえ!」と誓ったのです(笑)

 

大体そういう出会いの場になるものは、田舎の中では都会の方で行われます。

ガチの田舎民はなかなか参加しづらいのが現状。

そもそもこの記事を読んでいる人は、「いろいろ試してみたけどダメだった!」という人が多いかもしれませんね。

③田舎の問題を解決するのがマッチングアプリ

 

ということなので、

・家に居ながら出会える手軽さ

・基本無料で使えてコスパ最強

・スマホで仲を深められるハードルの低さ

という特徴のもつ、マッチングアプリの出番というわけです。

 

「田舎だから出会いはないわ~」と言っている時間はありません。

田舎でも貪欲に行動し、倍率の高い出会いを成功させているライバルがたくさんいます。

地方に住んでいる田舎民だからこそ、まずは積極的にアプリを使って、少ない出会いをこぼさないように行動すべきなのです。

 

マッチングアプリを田舎で使うなら!おすすめ2つ

抱き合いながら後ろを振り返る女性

 

今では、マッチングアプリは有名なものからマイナーなものまで、100種類以上あると言われています。

すべてが地方で使いやすいわけではなく、怪しいものもたくさんあるのは事実。

 

私の経験から、田舎で使うのにおすすめのマッチングアプリは2つです。

ペアーズ

⇒大人気定番アプリ!出会いのチャンスが確実に広がる

Omiai

⇒安全性No.1!身バレしやすい田舎でも安心

※アプリ名をタップすると公式サイトに飛べます

①人気NO.1のペアーズなら田舎でも出会いを100%保証

pairs3

まずはド定番のペアーズが何よりおすすめ。

登録者数がめちゃくちゃ多いので、出会いの数が少ない地方でも、出会えるチャンスは100%広がります。

このたび、Pairsでは累計会員数が1,000万人を突破。2018年2月からの約1年間で300万人増加し、143%の成長率となりました。これまでにPairsに報告があっただけでも20万人以上が恋人と出会い、そのうち約60%が入籍・結婚の予定があることが明らかとなっています。

eureka、『Pairsの累計会員数が1,000万人を突破いたしました』より参照

 

あまり会員数がいないマッチングアプリは、都会ならまだしも地方ではおすすめしません。

そもそもの人口が少なければ利用者も少なくなるので、出会いのチャンスが減るから。

私の場合、マイナーなアプリを使ったら、なんと半分の女性が佐渡(新潟県にある島)の住民!なんてこともありました(笑)

 

ペアーズの場合、マッチングアプリでトップクラスの会員数を誇っています。

それに、真面目なユーザーと手軽な出会いを探しているユーザの割合も、7:3ぐらいでバランスがよく、色んな男との出会いにもってこいです。

 

また、コミュニティというサークルのような機能が充実しているのが特徴。

田舎だと同じ趣味を持った人を探すのだけでも苦労しますよね。

そんな時にコミュニティを使って探せば、好きなものが同じ人と繋がることが可能に。

寺井
寺井
「お米は固い方がいい」なんていうコアなコミュニティまであるので、いろんなところに所属するのも楽しみが広がります。

 

どのアプリを使うか迷うなら、まずはペアーズから始めるべきです。

ペアーズの無料登録はこちら

②身バレしやすい田舎でもOmiaiなら安心

【Omiai -オミアイ-】

 

より真面目な出会いを探したいなら、Omiaiがおすすめ。

こちらも人気アプリなので、田舎でも出会いのチャンスが転がっています。

寺井
寺井
さすがにペアーズにはかないませんが、多くの男が出会いを求めてます。

 

最大の特徴は、セキュリティが万全で、安心して使えること。

24時間365日管理が行き届いているのは当然ですが、登録する時の審査が厳しいことでも有名。

年齢確認のための免許証の写真を送るときに、一部を隠すのがNGなど、管理が徹底しています。

これも、冷やかしの登録を防ぎ、確実によい出会いを提供するためのアプリ側の配慮と言えますね。

寺井
寺井
安心して使えるのは、初心者にとっては嬉しいポイント。

 

また、身バレを防ぐ嬉しい機能もついています。

田舎は人が少ないのでその分身バレが怖いですが、Omiaiを使えば身バレのリスクをおさえることが可能に。

身バレを防ぐ機能を無料で使えるのはOmiaiだけ!

 

人気面ではペアーズに敵いませんが、安全面はOmiaiが上。

安心して使えるのがOmiaiの魅力です。

Omiaiの無料登録はこちら

ペアーズとOmiai、ベストなアプリの選び方

 

この2つのどちらを使えばいいのか。

あなたの希望ごとに、おすすめアプリを選んでみました。

 

【ペアーズがおすすめな人】

とにかく、より多くの出会いが欲しい

まずは恋愛を楽しみたい

【Omiaiがおすすめな人】

真面目な出会いがしたい

安心して使いたい

 

ペアーズのほうが登録者数が多いため、田舎でも出会いやすいです。

その分いろんな人が登録しているので、好みの男に出会う確率も高くなる上に、コミュニティに入れば、こだわりの人と出会えます。

確実に出会いのチャンスを増やし、趣味が同じ男を見つけたい人はペアーズがおすすめ!

ペアーズ公式サイトはこちら

 

真面目な出会いをしたいなら、Omiaiの方がより確実です。

ペアーズと比べ、真面目な出会いを探している割合が多く、また年齢層も30歳前後の男が多いため落ち着いているので、遊ばれる心配もありません。

セキュリティもしっかりしているので、詐欺に騙された!なんてこともなく、安心して使えます。

真面目な出会いのために、安心して使いたいならOmiai!

Omiai公式サイトはこちら

 

もちろん、「あえて比べるなら」ということなので、どっちもおすすめだし、なんなら両方使うのもOK。

地方にいたままで分出会いのチャンスも広がりますよ。

マッチングアプリを田舎で賢く使うマル秘テクニック

「よくできた」と英語で書かれた黒板

 

ここまでマッチングアプリを使って、出会いのチャンスを広げることを紹介してきました。

でも、ただ使っただけで確実に彼氏ができるわけではありません。

田舎民であり、かつ男ならではの視点で、マッチングアプリを賢く使うコツを紹介します。

寺井
寺井
男の私がおすすめするので、その効果は間違いありません。

①地方ネタをプロフィールに盛り込め!

 

私の家の近くにある、「〇〇」という古びたカフェ。

ここのチョコレートパフェが大好きです(笑)。

こんな誰にも共感してもらえなそうなネタを、あえてプロフィールに書いてみましょう。

リアルだとあなたの周りに知っている人がいないかもですが、ネットの世界は広いので、案外知っている人と仲良くなるきっかけになります。

また知らない人でもカフェ好きの男なら、「え、そんなカフェはじめて聞いた!」と食いついてくるので、話のネタにもなります。

寺井
寺井
なんなら、デートの誘い文句にも使えちゃいます。

 

みんなに響きそうなプロフィールは、案外誰の印象にも残りません。

「なんだそれ?」と思わせるような、狭く・深い地方ネタを盛り込むことで、特定の人に強くアピールできるプロフィールになります。

②「会いたい!」と思わせる工夫を!

 

都会であれば交通網が発達していて、終電も遅いので行動するハードルが低いです。

田舎はそうは行きません。

交通は不便ですし、終電も早いので、移動となれば基本車なんてことも珍しくなく、「会う」という行動の心理的なハードルが高いです。

なので、「それでも会いたい!」と思わせるように働きかける必要があります。

例えば、「①の地方ネタを盛り込む」なんかは使えますね。

あと誰でも使えるテクニックとして、共通の趣味が便利です。

趣味が共通していれば、話に困ることもないですし、「じゃあ今度〇〇に一緒に行こうよ!」と誘いやすくなります。

 

心理学を応用した、マル秘テクニックを1つご紹介。

クローズド・クエスチョンを使うことで、相手に築かれずにさりげなーくデートに誘うことが可能に。

クローズド・クエスチョン=選択肢が限られている質問のこと。

「犬と猫、どっちが好き?」というようなイメージ。

逆に、オープン・クエスチョン=選択肢が限られていない質問もあります。

「好きな動物は?」というのがそれですね。

 

具体例
一般人の女性
一般人の女性
ね、和食と洋食、どっちが好き?
一般人の男性
一般人の男性
んー、和食かな!
一般人の女性
一般人の女性
なるほど!じゃあ、和食を食べるならお酒は飲む?飲まない?
一般人の男性
一般人の男性
酒のつまみにあるから、飲む!
一般人の女性
一般人の女性
ほほー!
この前友達とたまたま行ったんだけど、珍しいお酒があって、和食もめちゃくちゃおいしいお店知ってるよ!
一般人の女性
一般人の女性
来週の金曜日か今度の月曜日の祝日、どっちかに行こうよ!

 

イメージはこんな感じ。

2択の答えを返しているうちに、いつの間にかデートの約束を取り付けるところまで持っていけます。

寺井
寺井
面と向かっての会話だと難しいと思うので、メッセージで会話の流れを考えながらだとやりやすいですよ。

 

これらを参考に、「この子なら、会ってもいいかも!」と男に思わせるようにメッセージをするよう意識しましょう。

③積極的に、かつ多くログインすること!

 

地方は恋愛倍率が高いことは、先ほど説明したとおり。

いくらマッチングアプリと言っても、それは同じです。

待ちの姿勢ではなく、ぜひ積極的に男に絡みにいってください。

寺井
寺井
田舎の男も出会いに飢えてるので、グイグイいく位がちょうどいいです。

 

また、なるべく毎日ログインしましょう。

なぜなら、多くのマッチングアプリではログイン時間が近い順に検索画面に並ぶからです。

一週間に一度のログインであれば、検索画面の上位に表示されるのも1回ですが、毎日ログインすれば単純計算で7倍も上位に表示されることになります。

どちらがより多くの男の目に留まるかは一目瞭然です。

寺井
寺井
ログイン回数を増やすことで、登録したばかりの男にすばやくアプローチできるというメリットもあります。

5分でもいいので隙間時間を見つけたらログインしておくと、それだけで出会いのチャンスは広がります。

④遠距離を視野に入れる

 

田舎過ぎてどうにもならない場合、少し距離を広めに取って考えるのも1つです。

少し距離を広げるだけで、多くの男がヒットするようになります。

 

私はまさにこの手法を使って、今の彼女と出会いました。

私が新潟住みで彼女は仙台住み。

まさにアプリがなければ絶対に出会わなかった、遠距離カップルです。

 

移動を苦にしない男も多いので、旅行がてらデートするのも楽しいですよ。

遠距離の相手と距離を縮める方法は、こちらを参考にしてください

 

まとめ:マッチングアプリは田舎こそ価値あり!

 

一般人の女性
一般人の女性
田舎だから出会いがないのはしょうがない。

こんなことを考えたくなる気持ちはわかります。

でも、ちょっと勇気を出してアプリをはじめてみてください。

あなたの想像以上に、出会いのチャンスは広がっていることに気付くはず。

田舎というキーワードで言い訳するのは簡単です。

でも、それじゃあ一生出会いのチャンスはありません。

これを読んでいるあなたは、まだ出会いをあきらめていないはず。

アプリの登録は3分で完了します。

他の女性にあなたが付き合うはずだった男を取られる前に、騙されたと思って新しい出会いの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

今回紹介したおすすめアプリ

ペアーズ 

⇒出会いがあふれる大人気アプリ

Omiai

⇒安全性No.1の真面目なアプリ

※アプリ名をタップすると公式サイトに飛べます

 

次のおすすめはこちら
【女性は無料】3分で始めるおうちで彼氏探し
詳細はこちら
モテる女は下着が違う!
秘密を覗く