本当の男ウケ

毛深い女は嫌われる?男がどう思っているか素直にお答えします【閲覧注意】

 

一般人の女性
一般人の女性
昔から毛深い私。

可愛い服を着て肌を出したいし、気になる人とお泊りデートだってやってみたい。

でも、毛のことを考えると、引かれてしまいそうで怖い・・・。

 

こんな女性のために。

男目線で、毛深い女性のことを男はどう思っているのか、素直な意見を紹介していきます。

とかいう私も、男の中でもけっこう毛深い方です。

特にひげはすごい自分のなかで気になっていて、思春期の頃はコンプレックスでしかありませんでした。

でも今は毛の濃さから解放され、自分に自信が持てるようになりました。

毛深いというコンプレックスから解放されるための解決策についても、一緒に考えていけたらと思います。

この記事はあくまでも私の主観です。

もしかすると、あなたを傷つけてしまう表現があるかもしれません。

ですが、現実を見つめる機会も時には必要だと思います。

「そんなはずはない!別の考えを持っている男はいるはずだ!」

という意見はごもっともですが、あくまでも一個人の意見としてお考えください。

ご理解いただけない方は、読むのを遠慮いただくようお願いします。

寺井
寺井
ですが、最後まで読んでくれたあなたを絶対後悔させません!

どこから毛深い?男女のムダ毛の認識の違い

 

男がどう思うかの意見の前に。

「毛深い女性」という基準が、男女で異なっていることを理解すべきです。

同じ基準で見れないと、問題について正しく理解できません。

ムダ毛はうっすらでもアウト

 

大半の男は、うっすらでもムダ毛が生えているだけでアウト。

一般人の男性
一般人の男性
こいつムダ毛の処理してないじゃん、毛が濃い女だな。

と認識してしまいます。

代表例

・キスしようとしたらうっすらと産毛が生えていた

・手の指にビッシリと毛が生えてる

さらに。

毛の処理をしっかりしたとしても、プツプツと毛根が残りますよね。

それを見ても引いてしまいます。

一般人の男性
一般人の男性
剃っても、黒く残ってるじゃん。相当毛深いんだな・・・

と思われることは少なくないのです。

代表例

気になるあの子の服の隙間から見えた脇のプツプツにドン引き

剃ってきたばっかりだったのか、腕が触れた瞬間ジョリっとした感触が

 

うっすらでも毛が生えている、処理しても毛の濃さが伝わる

これだけで、毛深い女だと認識されてしまいます。

どこを見て毛深い女と判断している?

 

では実際に、男はどこを見て判断しているのでしょうか。

男は、体のすべてを見てます。

もう少し厳密に言うと、

「髪の毛や眉毛、VIOなど本来生えるだろうと男が想定する毛の部位以外すべて」

です。

生えていないだろうなと思う部分に毛があると、毛が濃い女として思われるわけです。

 

代表例

・腕

・足

・顔の産毛

・うなじ

・デコルテ

などなど挙げたらきりがありません。

 

絶対的な基準ではないので難しい所ではあります。

ですが、どんな部位のムダ毛もチェックされる可能性がある、と考えたほうがいいです。

 

意識的にチェックしているわけではない

 

男の名誉のために、少し補足します。

女性のムダ毛を見ていることは事実ですが、意識して見ている人は少数派。

どちらかというと、無意識的に見てしまう、というのが正しいです。

代表例

・電車の中で吊革に掴まる女性の脇を見てしまう

・スマホをいじる指の毛が目に入ってしまった

寺井
寺井
「胸元が空いた服を着られると無意識に目線が下がってしまう」のと同じですかね。

やましい気持ちがあるからと言ったらそれまでですが。

「なにがなんでも見てやろう!」と思って見ているわけではないです。

そこは理解してもらえればと思います。

【男の本音】毛深い女性を男はどう思っているのか

 

ムダ毛に関する男の考えを知ってもらったところで。

ここから本題に入ります。

毛深い女性について、男は実際にどう思っているでしょうか。

大半の男は引く

 

結論から言うと、残念ながら多くの男は引いてしまいます。

①引く

②どうでもいい(気にしない)

③むしろ好き

この3種類に分けるとしたら、割合はこんな感じになります↓

①引く=7割

②どうでもいい=2割

③むしろ好き=1割

7割ぐらいの男は引いてしまうでしょう。

毛についてしっかり理解してくれて、許容してくれる男は全体の2割程度ですね。

好きという1割の男は、俗にいう変態に当たる部類の男を表します。

理想と現実の違い

 

一般人の女性
一般人の女性
でも少しずつ理解してくれる男が増えているように感じるけど?

確かにそれはあります。

SNSをきっかけに、「女性にも毛が生える」という認識は以前よりもだいぶ浸透していると思います。

 

ですが、理想と現実に差があるほど、人は理想を追い求めてしまうもの。

頭では「女性も毛が生える」と理解していますが、やっぱり毛が薄い女性の方がいいと思ってしまいます。

 

体質的に太りやすい体質ってありますよね。

男が太っていても気にしない女性もたくさんいます。

でも清潔感とかを考えると、健康的な身体の方が好まれるはず。

それと一緒です。

 

現実は理解しているが、理想を追い求めると「毛が生えるのはわかる。けど薄い方がいいよね」という考えに至ってしまうのです。

毛が薄いに越したことはない

 

人の好みにもよりますし、価値観にもよるので絶対的な正解はありません。

ですが確率論で言えば、毛が薄い女性の方が好まれる傾向にあるのは間違いないでしょう。

 

「うちの旦那は全然気にしないよ!」

「私の彼氏はむしろ笑ってくれるから、そういう人を探しな!」

という意見はごもっとも。

ですが、結局それも男の価値観の違いによるもの。

ムダ毛に理解がない=人として最低

というのは少し極論だと思います。

 

一般人の女性
一般人の女性
どうせ付き合うなら、ブサイクよりはイケメンがいい!

という女性が多いように、

一般人の男性
一般人の男性
どうせ付き合うなら、毛が薄い方がいい!

という男も多いです。

 

女性のムダ毛に理解がある男もたくさんいますが、割合で言えば少数派。

毛が薄い方がいい、という男の方が多いという事実は理解しておくべきでしょう。

【実体験】毛が濃いコンプレックスを解決する方法

 

とはいえ。

毛が濃いからと言って、諦めることはありません。

もっと言えば、コンプレックとも付き合う必要はないです。

私がムダ毛が濃いことを克服し、自分に自信が持てるようになったように。

あなたも、私と同じように克服するチャンスはあります。

 

私が「毛が濃い」というコンプレックスを克服するために、考えたことや実践したことを紹介してきたいと思います。

コンプレックスを受け入れる大切さ

 

コンプレックスは、隠すだけではどうにもならない

いろいろ悩んだ結果、私はこの境地にたどり着きました。

 

この考えに至ったのは、毛の濃さもありますが「太っている」というコンプレックスが大きかったです。

私は小さいころから太りやすい体質にありました。

高校まではサッカー部で体を動かしたので、少し肉がついている程度で済んでいました。

しかし、大学に入学後体を動かす機会が激減。

どんどん太っていったのです。

それが社会人になってストレスも加わり、よりメタボ体型に拍車がかかりました。

 

これではまずい!と本格的に思うようになり、考え方を変えました。

まず、コンプレックスは隠すのは不可能。

それまではなんとか太っていることを隠そうと、なるべくダボっとした服を着てごまかしていました。

でも体重計に乗れば、数字で事実を突きつけられます。

服を着ていても、顔の肉など見える部分からバレることもあります。

隠したり、ごまかしたりするのは根本的な問題解決にならない

そう思ってから、事実を受け入れ、改善する努力をするようになりました。

筋トレ&食事管理で、今では自他ともに認めるいい体に変貌を遂げました。

 

これは私のデブの話ですが、ムダ毛だって同じはず。

いくら完璧に処理したと思っても。

常に完璧な状態を保つのはかなり難しいはず。

ムダ毛に理解がある彼氏ができたとしても。

毛の薄い女性芸能人を見て、可愛いと言っていれば妬いてしまうこともあるでしょう。

 

コンプレックスは、他人がどうのこうのというより、自分がどう感じるかだと思います。

他人が問題視してなくても、自分が気になっている限り、自信を持てるようにはなりません。

 

なので、ごまかしたり隠したりしても自分の身体や考え方を変えない限り、根本的な解決にはなりません。

お金をかける価値はある

 

問題を乗り越えた今だから言えますが。

コンプレックスはお金で解決できるのであれば、お金をかける価値はあります。

 

ひげを毎日剃ってもごまかしきれないと感じた私は、社会人になってひげ脱毛を始めました。

10万円以上かかったので、始めるときは正直めちゃくちゃ悩みました。

でもすぐに効果が実感できて、自分の決断に間違いがなかったことを確信できたのです。

 

ダイエットのときも同じです。

ジムのお金もかかりますし、体によい食事をとるようにしたので、普通よりも食費がかかりました。

それでも徐々に身体の変化を感じるようになってから、お金をかけてよかったと思えるようになりました。

 

コンプレックスは自分がどう感じるか、とお伝えしました。

なので、お金をかけて自分に自信が持てるようになるのであれば、誰がなんと言おうと金をかけてもいいと思います。

脱毛という選択肢

 

毛の濃さがコンプレックスなのであれば、脱毛を選択肢に入れてみてください。

お金がかかることは事実ですが、分割にすれば月々3,000円程度から始められます。

 

脱毛は、医療脱毛、サロン脱毛とざっくり2種類で、値段や特徴は異なります。

大まかな違い

医療脱毛=医療行為で安心感があり脱毛効果も高い。その分料金は高め。

サロン脱毛=脱毛効果は低く、医者の施術ではない。その分低コストで受けられる。

 

私の場合、肌が弱いのとしっかり脱毛したかったので、医療脱毛を受けられるクリニックでの脱毛を選びました。

どちらを選ぶかは、あなたのニーズに合わせて選べばOKです。

 

もちろん、お金がかかることなので全ての人にはおすすめできません。

ですが、今までの悩みとこれからの人生の苦労を解決できるのであれば、お金をかける価値は十分にあると思います。

寺井
寺井
少なくとも、私は脱毛によって救われました。

 

私の経験を活かした、脱毛に関する記事をいくつか張っておきます。

 

やるかやらないかはあなた次第です。

ただ、諦めるぐらいならまずは選択肢に入れて見てください。

それだけの価値はあると思います。

 

以上です。

毛が濃い女性が引かれやすいのは事実です。

でもそれを嘆いても仕方ありません。

コンプレックスは自分との戦いであり、それに勝てるようならお金をかける価値はあります。

まずは事実を受け入れることから始めましょう。

寺井
寺井
あなたが、毛の悩みから解放されて自信が持てるようになることを願ってます!
【女性は無料】3分で始めるおうちで彼氏探し
詳細はこちら
モテる女は下着が違う!
秘密を覗く