女子力向上

軽い女をやめたい!⇒男の〇〇がわかれば真面目な恋ができるようになります

一般人の女性
一般人の女性
軽い女っていう自覚はあるんだけど、どうしても男を求めちゃう。
どうにかして軽い女をやめたい・・・

 

こんな悩みを抱える女性に朗報です。

軽い女性のことを男がどう思っているのか、男の心理を利用すれば、軽い女を卒業するための大きなエネルギーになります。

どういうことなのか、記事で詳しく解説していきます。

軽い女性に対する男性心理

不敵な笑みを浮かべる男

 

ズバリ、男はマウントを取って、軽い女性を見下しています。

「やらせてあげている」という感覚でいる

 

軽い女性が男に寄って行ったとき、男は「ほらね、釣れた釣れた」と自分の魅力のおかげだと勘違いをします。

言い方を変えれば、「俺はやる気はないけど、君から来るんだから、しょうがなくやらせてあげるよ」という感覚。

女性にはいまいちわからないと思いますが、男は女性に必要とされる=モテていると解釈し、モテる自分に酔ってしまいます。

何度かそれを繰り返すことで、変に自信をもってしまうんです。

その結果、モテたいと意識していたことを忘れ、女性から一方的に求められていると勘違いし、マウントを取ってしまいます。

男は都合のいい女性に魅力を感じない

 

上からでもなんでもいいから、好きになってくれるならまだマシですよね。

残念ながら、軽い女性は「都合のいい女性」と見なされます。

そして基本的に男は、自分の都合のいいように扱える女性に好意をもちません。

男は妊娠や子育てが恋愛に直接的に関わらないと認識するため、恋愛を一種のゲームと捉えがち。

都合のいい女性は、ゲームを楽しむための一つのピースでしかないのです。

詳しくは、【1つだけ】キープされる女性が本命になる方法を解説【男目線】で解説していますが、男はなにかと都合のいい女性をキープしたがります。

そんなキープの女性を、男は元から恋愛対象としてみていないので、好意があるような言動も実は心がこもっていないことが多いのです。

 

ここまで読んでどうですか?

どこかで感じていたかもしれませんが、改めて言葉にされると怒りがこみ上げてきますよね。

その怒りのエネルギーを利用するんです。

寺井
寺井
どう利用するかは、後ほど詳しく解説します!
まずは、「男を見返してやる!」という感情が大切だということを覚えておいてください。

軽くなってしまう女性の原因と対策

寂しそうに窓にもたれかかる女性

 

軽い女性に対し、男は見下していることは今説明したとおり。

でも、女性側にだって原因はあります。

その原因を解決できなければ、いつまでたっても軽いままです。

 

軽い行動を取ってしまう女性の原因は3つ。

①恋愛体質

②自己肯定感が低い

③さみしがり

解決策と一緒に見ていきましょう。

①恋愛体質⇒確証バイアスを自覚する

 

すぐに人を好きになってしまう、いわゆる恋愛体質の人は軽い言動をとりがち。

この前までA君のことが好きって言ってたくせに、一週間経ったら今度はBさんのことが気になるって言ってるんだよ!

なんて噂話が広まりやすいので、周りの人からも軽い女性のとして思われやすいです。

 

恋愛体質の対策のポイントは、「確証バイアス」を理解すること。

確証バイアス(かくしょうバイアス、英: confirmation bias)とは、認知心理学や社会心理学における用語で、仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。

Wikipedia、「確証バイアス」参照

シンプルに言うと、自分が正しいと思う考えを肯定する情報だけを集めてしまう心を働きを表します。

人を好きになりがちな女性は、この確証バイアスにかかりやすいです。

少し優しくされただけで「あの人はいい人だ!」と勝手に思い込んだとします。

そうすると、その人をいい人と思えるような情報しか入ってこなくなります

ですが、その人がいい人かどうかは、いい人ではない理由を全て否定できないと本当にいい人だと言えませんよね。

この例で言うと、恋愛体質の人は「この人は本当にいい人なのか?」ということを確かめる作業が不足していることになります。

人のよい面を見ることはすばらしいことです。

ですが少し意識して疑ってみることで、好意をもってしまうことに歯止めをかけられます。

②自己肯定感が低い⇒自分に酔いしれる

 

自分自身に対し「私はダメな人間だ」と評価を低く捉えてしまう人がいます。

そんな自己肯定感の低い女性も、軽い人間関係を築きがちです。

軽い行動をすることで、相手に求められていると勘違いし、自分の評価を上げようとする

⇒嫌なことがあって落ち込んだりすると、再び自分で自分の評価を下げてしまう

⇒そのままではいてもたってもいられないので、救いの策として男に必要とされることで、一時的に心を満たす

まさに悪循環。

解決のカギは、自分に酔いしれる瞬間を作ることです。

例えば、電車でお年寄りに席を譲ってみてください。

きっと、感謝されるでしょう。

その時に、「自分はなんて優しい人間なんだ!」と考えましょう。

その瞬間に自分への評価が一時的にでも上がれば、効果ありです。

人のためになる⇒自分に酔いしれる⇒それが癖になる⇒自己肯定感が増す

という感じ。

 

情けは人の為ならず、という言葉があるとおり、他人への優しさは他の誰でもない、自分のためになります。

自分を好きになる瞬間を少しずつ経験していくことで、自分自身に対しポジティブに考えられるようになり、結果的に自己肯定感が増すのです。

③さみしがり⇒???

 

人肌が恋しくなり、ついつい軽い行動をしたくなります。

これがなかなか難しい問題です。

寂しさの本質は「人との関わりの不足」であり、それは人と触れ合うことでしか満たされません。

寂しいのが原因だけど、それを解決するには人と関わるしかない

⇒けど、人と関わってしまうとついつい軽い行動を取ってしまう。

という悪循環にはまってしまいます。

では、軽い女性の一番の敵「さみしさ」はどのように解決すればいいのでしょうか。

そのポイントが、先ほど紹介した怒りのエネルギーなのです。

【軽い女をやめたい】今日で卒業!軽い女のやめる方法

卒業式

 

【ここまでの流れ】

・軽い女性に対し、男は内心見下している。そのことに対し怒るのは当然で、それを利用しよう。

・軽い女性の「恋愛体質」、「自己肯定感が低い」という原因は、なんとか解決できそう。でも、「さみしさ」はなかなか解決するのは難しい。

という感じでしたね。

軽い女を卒業するためには、問題となっている「さみしさ」を解決しなければいけません。

その解決のポイントになるのが、怒りのエネルギーを利用することなんです。

よく、「彼氏にデブが原因で振られた!絶対見返したやる!」と言って、努力してダイエットに成功する話がありますね。

簡単に言えば、それと一緒。

でも、真面目な恋をしようと決意させる悔しい気持ちがあっても、ついつい自分に甘くなり、また軽い女性と思われることをやりかねませんよね。

人は楽な方に流される生き物です。

いかに怒りを忘れずに、努力できるかにかかってきます。

軽い男がいる環境で真面目な恋をする

 

そのためには、怒りのすぐ側で努力しましょう。

具体的には、軽い男がいる環境ですね。

軽い男=あなたを見下している怒りの原因です。

そんな環境で真面目な恋を探せば、悔しい気持ちを忘れずに、軽い行動に流されてしまいそうな時も踏みとどまることができます。

 

じゃあ、軽い男がいながらも真面目な恋を探せるのはどんな環境でしょうか。

例えば、マッチングアプリなんかいいと思います。

真面目な男も多いですが、残念ながら軽い男、いわゆるヤリモクがいないアプリはありません。

アプリを続けていれば、軽い男は寄って来ます。

でも、慣れればヤリモクは一発で見抜くことが可能。

そんな男は「ふん、この性欲にまみれた猿め!」と見下し、相手にしないことです。

もちろん、真面目に出会いを探している男もたくさんいるので、軽い男を尻目に真面目な出会いを探すことで、甘い気持ちに流されずに努力を続けられます。

 

努力を継続することは簡単ではありません。

ですがこんな感じで自分の気持ちを利用することで、気持ちを強くもてるようになります

寺井
寺井
「軽い出会い」と思われがちなマッチングアプリで真面目な恋を見つけられたら、これ以上の男を見返す方法はないすよね!

 

女性は無料で使えて、ダウンロードから登録まで3分程度で使いはじめられます。

軽い女をやめたい!という決心が揺るがないうちに、一歩前進することです。

まとめ:あなたは生まれ変われる

 

ポジティブな人やネガティブな人、いろいろな人がいますが、どんな人でも生まれ変わったような変化をすることができます。

もちろん努力は必要ですが、怒りは想像以上のパワーを秘めています。

そのパワーを利用して、今までの男が後悔するほど、素敵な恋をしてください。